正中線 妊娠線

正中線は細胞分裂や色素の変化から起こる

正中線って、妊娠線とは違うの?

妊娠線と正中線は全く別の理由で出来ます。

 

妊婦のお腹に起こる妊娠線は有名ですが、中心に発生する正中線の方が目立ちますし、それぞれ異なる方向に発生します。

 

赤ちゃんが出来ると目立つ正中線は、生まれながらに持っている人がいたり、太った時に出現する場合があります。

 

正中線は細胞分裂やホルモンバランスの崩れによるメラニン色素の変化から起こるので、時間の経過によって消える可能性が高く、時間が掛かる場合もありますが、知らない間に消えているケースが多く存在します。

 

妊娠線は皮膚が割れた状態で、同様の症状は誰にでも起こりますが、お腹は特に妊婦が経験する部位で、悩みを抱える問題の一つです。

 

決定的な治療法は確立されていませんが、妊娠線を予防したり軽減する方法は考えられ、目立たなくする方向で改善される手法が存在します。

 

正中線と妊娠線は性質が異なり、対処法も違いはありますが、どちらも肌に発生するので、気になったり思い悩む原因になります。

 

原因は別ですのでケア方法も別であると考えて良いでしょう。

 

皮膚が引き延ばされて断裂する妊娠線は、細胞組織が受けた損傷がそのまま残るので、跡となって自然に治癒する可能性は低いです。

 

事前の予防策は、肌に柔軟性を与え、引き延ばされても耐えられる状態にする事です。

 

潤いを与え乾燥を防げば、赤ちゃんが大きくなっても皮膚が対応出来るので、成長に合わせてケアする事が大切です。

 

正しく行えば、出産後に気になる跡が残り難く、後悔する可能性を小さくする事が出来ます。

 

傷や跡で対処法の基本は、細胞の生まれ変わりを早めたり、そのサポート行うケアの方法です。

 

栄養を与え細胞の成長を促すクリームは、塗り込む事で内部に浸透しますし、皮膚の内側から成長が促進されるので、古い肌が新陳代謝により新しく生まれ変わります。

 

特別なケアが不要な正中線は、気にしなくても時間が問題を解決しますが、稀に消えない場合があるので、その時は意識的に対処する事を考えます。
正中線のケア方法としてはメラニン色素の発生防止が有効です。

 

メラニン組織の発生を防止する専用クリームがありますので、気になる方は試して見ると良いですね。

 

赤ちゃんの成長を期に目立つ二種類の線は、出来る場所や種類が異なり対処法も違います。

 

妊娠は女性にとって喜びですが、出産後も美しさは保ちたいですから、正しい知識を身に付けたり、余裕を持った対処が良い結果に変わります。