ストレッチマーク

ストレッチマークはお腹、太もも、お尻、ふくらはぎなどに出来易いです。

ストレッチマークが出来やすい箇所

ストレッチマークとは、あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、主に肉割れした部分のことを言います。

 

妊婦さんの妊娠線も含まれますが、妊娠されていない女性だけでなく、男性にも起こることがありますので、肉割れした部分の総称のことを言う言葉でしょう。

 

このストレッチマークは、妊婦さんの場合はもちろんお腹の特に下側をを中心にできるものですが、妊娠されていない通常の方ですと、太ももやお尻・ふくらはぎなどの箇所にできやすいものでしょう。

 

これらの箇所にストレッチマークができる理由の1つとしては、皮膚が他の箇所に比べて、柔らかい部分であることが考えられます。

 

ですので、太るなど、急激に身体に脂肪が付いてきた時などに、他の箇所の皮膚では持ちこたえることができる場合でも、これらの箇所は柔らかく出来ているため、肉が割れやすくなってしまうことが考えられるのです。

 

この出来てしまったストレッチマークは、ケアをすることで多少目立たなくすることは出来ます。

 

ストレッチマークは、表皮の下にある真皮層が裂けてできてしまったものですので、しっかりと保湿を繰り返すことで目立たなくする事は可能です。。

 

ストレッチマークの保湿ケアアイテムには、クリームなどやオイルなどがあります。

 

どちらの場合も、シラノール誘導体の様な、より保湿成分の浸透力が高いものを選ぶことで、効果的に改善していくことに繋がりますし、また、オイルを選ばれる場合は、サラサラとした肌触りのオイルもありますので、そのようなものを選ばれると、季節を問わず使いやすいのではないでしょうか。

 

ストレッチマークは、出来てしまうととても目立ってしまうものですので、妊婦さんなど、できそうな箇所があらかじめ分かっている場合には、出来る前からケアをすることで、防止をすることもできるでしょう。