妊娠線クリーム 太もも

太ももにも妊娠線は出来るので予防が必要です。

妊娠線クリームを太ももに塗っても大丈夫?

妊娠線予防クリームは太ももに塗っても大丈夫ですよ。

 

太もも以外にも胸やお尻にもたっぷりと塗ってあげましょう。

 

妊娠線を予防するためのクリームなどが販売されているため、それらを利用する事によって妊娠線を予防することができます。

 

妊娠線ができやすいお腹や胸、お尻や二の腕、太ももなどの部分にクリームを塗って行くことで効果を発揮します。

 

クリームはたっぷりと手に取り、太ももやお尻などの塗りにくい部分にも塗って行くことが重要です。

 

太ももは内側に出来やすい為、注意が必要になります。

 

やはり皮膚が柔い部分に肉割れが起きやすいんですよね。

 

乾燥していると出来やすいために入浴後に塗るだけではなく、朝にも塗ることでより効果を得ることができます。

 

塗る時期としては一般的にお腹が大きくなる妊娠4?5ヶ月頃から塗り始めるとよいとされています。

 

臨月のときに油断してしまいできてしまったというケースも多いため、最後まで気を抜かずに塗り続けることが大切です。

 

塗り方としては、余り力を入れずに太ももを優しくマッサージをして行きながら塗って行きます。

 

お腹の場合は基本は下から上で、お腹は臍の周りを円を描くように、下腹部から上腹部に撫でるように塗って行き、太ももからお尻は膝裏からお尻に向かって、下から上へ塗って行き、胸も外側から下を通って内側から半円を描きながら持ち上げるようにと、ムラなくしっかりと肌が保湿できるように行っていきます。