痒み 妊娠線

痒みがあると妊娠線になる可能性があります。

お腹の痒みがあると妊娠線が出来るのか?

かゆみは妊娠線の予兆と考えてください。

 

直ぐにケアを始めましょう。

 

妊娠後期になると、胎児が大きくなります。

 

妊婦の体も出産の準備が始まっており、ホルモンの影響や皮膚が伸びるためにお腹の痒みが出てきてしまうのです。

 

この痒みは「妊娠性掻痒」といい妊娠後期によく見られる症状になります。

 

胆のうや肝臓などの内臓も圧迫されている状態のため胆汁の流れが悪くなっているため起こるともされています。

 

かきむしると妊娠線となってしまう可能性もあります。

 

よく傷跡とか虫刺されの後を掻き毟ると跡が残りますよね。

 

また、胎児が大きくなることによって皮膚が伸びますが、皮膚の下の筋組織は伸びずに引きちぎられるように破壊されます。

 

筋組織自体は小さいため、痛みよりも痒みが感じられるとされており、妊娠線ができる過程でか痒くなることも考えられるのです。
そのほか痒くなる原因として考えられるのは、ホルモンバランスの崩れによって肌の調子が悪くなってしまい、乾燥したような状態になる場合があり、そのせいで痒みが現れることもあるのです。

 

特に冬の季節は空気が乾燥しているので、乾燥肌の方は二重にかゆみがでる可能性もありますね。

 

妊娠線や痒みをケアするためには、肌の保湿をしてお腹の皮膚を柔軟にしておくことが重要です。

 

ボディーソープや石鹸は刺激の少ないものを選び、下着も肌触りの良いものを選択することをおすすめします。

 

お風呂上がりなどに妊娠線予防クリームや保湿クリームを塗ることで肌の弾力性を保つことができるようになります。

 

特にオイルとクリームを併用することによって保湿力を向上させることができます。

 

お腹などの妊娠線ができやすいお腹や胸、太腿やお尻に予防クリームをたっぷりと手の平で撫でるようにマッサージを行いながら塗って行きます。

 

その後オイルを塗ることで毛穴の奥までクリームを浸透させやすなるのです。

 

ケアをしても痒みが収まらないと言う場合には、医師に相談することが大切となります。

 

妊娠線以外にも原因があるかもしれません。