妊娠線予防クリーム塗り方

塗り方を誤ると太ももやおしりに妊娠線が出来るかも

妊娠線予防クリームの塗り方は?

妊娠すると、妊娠線の予防のために妊娠線予防クリームを塗ることがあるはずです。

 

その時、どのような塗り方をすれば効果があるのか、知っておくようにすると、とても役にたちます。

 

間違った塗り方で失敗してからでは遅いですからね。

 

妊娠線予防クリームを塗る目的は保湿ケアとマッサージです。

 

ですので妊娠線予防クリームを使う時は、少なめではなく、たっぷりと使うようにしましょう。

 

少量だと肌が乾燥してしまって、妊娠線ができやすくなってしまいます。

 

むらなく塗ることが大切なので、たっぷりと使うようにします。

 

むらがあると予想外の場所に妊娠線が出来てしまうこともありますよ。

 

ちょっと勿体無い位がいいですね。

 

妊娠線予防クリームを塗る時は、力をいれないでやさしくマッサージしながら塗るようにすることがとても大切です。

 

基本的には、下から上へ塗っていくようにします。

 

肌が痛みを覚えるほど擦ったりすることはいけません。

 

あくまで、やさしくやさしく撫でるように行うようにしましょう。

 

回数は一日二回位を目安に毎日塗るようにしましょう。

 

間隔を空けると肌が乾燥してしていまい今までの努力が無駄になってしまいます。

 

お腹は妊娠線がとても出やすい場所です。

 

お腹に塗る時は、おへその周囲に円を描くような感じで塗っていきます。

 

その後、下腹から上のお腹にむかって、撫でるように塗ります。

 

太ももやおしりも、妊娠線が出やすい場所です。

 

太ももやおしりを塗る時は、膝裏からおしりにむかって、下から上へ塗っていきます。

 

おしりを少し持ち上げるようにして塗ることがポイントです。

 

胸の場合は、乳房の外側から塗っていきます。外側から下を通って内側へ、半円を描くようにして、乳房全体を持ち上げるように意識しながら塗ります。

 

その後、乳房の上から首に、上へ引き上げるように塗ります。

 

胸は刺激してしまうと、子宮が収縮することがあるので、注意するようにします。

 

出来るだけ、やさしく塗るようにすることがポイントです。

 

このように、妊娠線予防クリームの塗り方には色々とポイントがあります。

 

ポイントをおさえた塗り方を行うことで、妊娠線をきちんと予防していくようにしましょう。

 

また予防クリームの使用説明書に各々塗り方が記載されていると思います。

 

それぞれの商品特性に合わせて塗り方も変わりますので、注意してくださいね。

 

専門のクリーム以外ではロクシタンがおすすめですね。

 

天然の成分がたっぷり入っていますので、安心して使えますよ。

 

お手軽な製品ではニベアが良いですね。

 

簡単に手に入りますし、お値段も安いです。

 

ただしニベアは保湿効果はありますが、皮下組織に栄養を与える力は低いので一番でおすすめすることは出来ませんね。