ニベア青缶で妊娠線予防は出来ますか?

コストパフォーマンスに優れていてオススメです

ニベアの青缶も予防効果はありますよ。

 

妊娠線とは、妊娠週数が進むにつれて現れてくる赤っぽい線のことを言います。

 

顕著に現れてくるのはお腹周りですが、それ以外にもバストや太もも、お尻や二の腕などにもできる場合があります。

 

妊娠すると胎児の成長に伴って徐々にお腹周りが大きくなってきます。

 

また授乳に備えて胸もふくらんできますし、全体的にふっくらとした体つきになります。

 

皮膚はある程度弾力性があり、その体の変化に伴って伸びていってくれるのですが、皮膚の下にある真皮という組織はそこまで柔軟性がないため断裂を起こしやすく、それが線のように皮膚表面に現れてしまうのです。

 

一度できてしまうと、時間の経過とともに薄くなることはあっても完全に消えることはないので、できる前の予防が重要となってきます。

 

予防として一番大切なのが保湿をすることです。

 

保湿することで皮膚の弾力性が保たれるので妊娠線ができにくくなると言われています。

 

広範囲に使用することになるので、使用する製品としてはのびがよく保湿力の高いオイルやクリームなどがおすすめです。

 

妊娠線予防専用の製品も多数販売されていますのでそれを使ってもいいですが、値段も高いものが多いですしその期間しか使えないというのがもったいないと思う方もいると思います。

 

その場合は、普段から使用している保湿剤でも効果は十分期待できます。その中でもニベア青缶は妊娠線予防に使うには大変おすすめの製品です。余分なものが入っておらず赤ちゃんから使える安心な製品ですし、

 

高い保湿力があります。また青缶1つあればかなり長くもちますし、1缶500円程度とお手頃価格で購入できるのでコストパフォーマンスも高いです。

 

妊婦さんの口コミ等でも、「塗っていたら妊娠線ができなかった」「敏感肌だけどニベア青缶は肌荒れせずに仕えた」などと高評価を得ています。

 

少し固めのテクスチャーなどで、温めて柔らかくしてから使ったり、オイルを少量混ぜて使ったりすることで、のびをよくするという口コミなども多くあります。

 

何を使うか迷っている方は一度試してみてはいかがでしょうか。