妊娠線予防いつから

妊娠線予防はいつから?

妊娠線予防いつから始めよう

 

妊娠線を予防するには、いつぐらいから始めるべきか?

 

クリームやオイルでマッサージするのかな?

 

産後のケアはどうすればいいの?

 

そんな妊娠線に関する疑問にお答えします。

 

大抵の方は、お腹が大きくなり始める安定期以降から、妊娠線予防をすればいいと思っているかと思います。

 

妊娠線は約6ヶ月目位から出来てくると言われています。
一度出来てしまうと完全には消えませんので、事前にケアしましょう。

 

お腹が大きくなる5ヶ月目位にケアを開始して、8ヶ月目位まで継続するのがベストですね。

 

しかし、気を付ける必要もありますよ。。

 

妊娠初期でも、乾燥肌の方や、肌代謝がよくない方は、妊娠線ができてしまうことがあるのです。

 

特に、乾燥しやすい冬は普通肌の方でも要注意です。

 

絶対妊娠線を作りたくない方は、妊娠初期から予防をはじめるのがベストです。

 

ケア方法はクリームが最適ですので、おすすめの妊娠線予防クリームを紹介します。

 

妊娠初期でも、お風呂上りに1回でもよいので、予防クリームを塗る習慣をつけることをおすすめします。

 

 

 

 

 


妊娠線予防クリーム おすすめランキング

 

ベルタマザークリーム

 

ベルタマザークリーム

 

初回購入500円
トップブランドであるベルタの妊娠線クリーム
妊娠ケアに実績のあるシラノール誘導体や葉酸を配合
ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンといった美容成分もたっぷり
妊婦さんの事を知り尽くしたスタッフがサポートします

 

ベルタマザークリーム

 

 

 

妊娠線保湿クリーム PRIMO(プリモ)

 

女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

 

葉酸をはじめ、ライマメ種子エキスなど、ストレッチマークに最適な成分をバランス良く配合
安心して使える納得のストレッチマーククリーム

 

送料無料・女性100人の声から生まれた妊娠線クリーム

 

 

 

ミネラルボディクリーム

 

イルコルポ ミネラルボディクリーム

 

ミネラルたっぷりボディ専用クリーム
保湿効果抜群なので、妊娠線対策にもおすすめ

 

SiBODY

 

 

妊娠線とその予防について

 

妊娠線予防いつから始めよう

 

大変おめでたい妊娠。

 

そして、妊娠してから10か月程度で子供が誕生します。

 

女性が妊娠してから出産まで時間がかかり、体内や体外でも多くのことが起こります。

 

体内では子供が既に存在しているため、多くの栄養が必要です。

 

母子ともに健康でいるために両者に必要な栄養素の摂取が望まれます。

 

また、体外でも妊婦特有の現象が起こります。

 

それが妊娠線です。

 

妊娠線とは子どもの成長により次第に母親のおなかにでてくる線のことです。

 

妊娠してからおなかが大きくなるにつれて皮膚が伸びることから起こるのです。

 

しかし、皮膚の表面部分はそれに対応出来ても皮下組織であるコラーゲンはその伸びには対応できません。

 

またホルモンバランスの崩れて、肌の弾力が失われている事も原因の一つです。

 

その結果として亀裂が生まれて赤紫色の線上の斑点が出るのです。

 

厄介なのが一度できた妊娠線は消えることはありません。

 

このため多くの妊婦がこのことを気にするのです。

 

妊娠線はクリームやオイルでマッサージ等のケアをする事で予防する事が可能です。

 

出やすい時期は妊娠初期以降で食欲が出てきて体重が増加する頃です。

 

この対策にはバランスの良い食事、高カロリーを防止、体重増加な10キロ程度まで、専用のクリームやオイルの使用などが挙げられています。

 

この様な対策をすることで妊娠線を予防できるのです。

 

妊娠線の予防は妊娠初期から始めよう

 

妊娠するとお腹は次第に大きくなります。

 

そのまま何もケアをしないと出産を終えた後にくっきりと妊娠線ができてしまったり、お腹の皮膚が乾燥してごわついてしまいます。

 

一度そのような状態になってしまうと、そこから綺麗な状態に戻すのは大変です。

 

場合によっては、妊娠線が残ってしまうこともあります。

 

そのような跡を残さないためには妊娠初期からのケアが重要です。

 

妊娠初期と言うとお腹はそんなに大きくありませんが、肌は敏感になり乾燥しやすくなっています。

 

この時からきちんと保湿することで肌へのダメージを予防することができます。

 

そもそも妊娠線とは肌が急激に引っ張られて傷ついたためにできるものです。

 

この時、肌は乾燥していればしているほどダメージを受けやすく、傷は深くなってしまいます。

 

傷が深ければ肌再生も間に合わないため、妊娠線が濃くなってしまうのです。

 

そのため早めのケアが必要です。そんなケア方法として一般的なのが妊娠線予防クリームです。

 

最近ではお母さんとお腹の赤ちゃんのことを考えて低刺激のものが多くあります。

 

また、保湿効果が高いので肌を乾燥などの外部刺激から守ることができます。

 

さらに潤いを与えることでお腹が次第に大きくなっても皮膚を傷つけにくくする効果があります。

 

それにより出産を終えた際に妊娠線をできにくくするのです。

 

また、産後も使うことで肌に潤いを与え、ターンオーバーを促す効果があるので、できてしまった妊娠線を改善することもできます。

 

このように妊娠線を作らないためには妊娠初期からのケアが重要です。

 

では、どのようなクリームを選べばいいのかと言うと、なるべく低刺激で香りも強くないものを選ぶことをおすすめします。

 

前述したように妊娠中は感覚が敏感になっています。

 

そのため肌も乾燥しやすく、嗅覚も敏感になります。

 

ですから妊娠中ずっと使うなら、香りや感触も使いやすいものを選ぶことをおすすめします。

 

低刺激のものなら赤ちゃんの保湿クリームとしても使えます。

 

一度できた妊娠線を消すのは難しい

 

妊娠線は作らないのが一番の得策です。

 

皮下のコラーゲン組織は一度分裂すると完全には元に戻りません。

 

例えば、身体に切り傷を付けてしまうと、完全に消すのは難しいですよね。

 

同じ理由で、内部で分裂してしまうと修復が難しいのです。

 

したがって、分裂に伴って発生する妊娠線も薄くなることはあっても完全に消えることはないのです。

 

整形外科的手術を用いて、完全に消すことは難しいとされています。

 

レーザー治療や血流改善ガス治療などがあります。

 

レーザー治療は皮膚を焼くことにより、代謝を促進させる治療法です。

 

失敗すると火傷だけが残る可能性があります。

 

一回の治療費は10,000円から40,000円で複数回実施する必要があります。

 

このようなリスクを犯してまでの治療は、あまりお勧めできません。

 

まずは予防して作らないようにケアしましょう。

 

もし出来てしまっった場合は、予防方法と同じく専用クリームでマッサージすると、皮膚が柔軟になり目立たなくなります。

 

とにかく、作らないのが一番ですので6か月目になる少し前位からやさしくケアして予防しましょう。

 

特に双子ちゃんや二人目の時は気をつけてくださいね。

妊娠線が出来やすいタイプ

 

妊娠線の予防をやらなくても全然出来なかったという方もいる様に、妊娠線のできやすいと言われるような方もいます。それでは、こうしたタイプに自分が合致するか覚えておくことも大切です。

 

元来ぽっちゃりタイプ

 

皮下脂肪の多い方は妊娠線ができ出来やすいと評されています。皮下脂肪自体が柔軟に伸びることが不可能な組織の為、亀裂が発生することが多く十分な予防対策を欠かすことが出来ません。

 

乾燥肌タイプ

 

妊娠前から、乾燥肌が心配な方は予防を周到にしましょう。潤いを十分に付与することで皮膚が柔軟になり亀裂ができにくくなります。

 

小柄な体系のタイプ

 

小柄な方は骨盤の小さめが多く、胎児を持っているためにお腹が大きく前にせり出すきらいがあると言われています。それを受けてお腹の皮膚にも負担が加わりやすく妊娠線ができやすいと評されています。

 

双子など多児を妊娠しているタイプ

 

たった1人の胎児を妊娠している方でも妊娠線が出来てしまうため、複数の胎児をお腹に持ち合わせている方は、どうしても妊娠線発生率が上昇してしまいます。

 

二人目出産タイプ

 

一度出産を実践している方は、子宮が拡大しやすく胎児も大き目に成長しやすいと言われています。実際に前回の赤ちゃんより大き目に生まれるケースが多く、一度目の出産で妊娠線が生じていなくても二度目、三度目で妊娠線が発生する方が多くなっています。

 

妊娠線予防に効果的な食べ物

 

皮膚の潤いを保持するためにはビタミンCとコラーゲンが重要なんですが、妊娠中はホルモンの影響やお腹の赤ちゃんがビタミンCとコラーゲンをごっそり消費する仕組みになっているので、どうしても皮膚が潤いを無くして妊娠線が出来るみたいです。

 

ですので鶏皮や牛筋などでコラーゲンを摂り、フルーツもしっかり食べてビタミンCを補給しておきましょう。

 

妊娠線は皮下組織であるコラーゲンに亀裂が生じることから出来ると言及されているため、こうしたコラーゲンなどを念頭において摂ることが大切です。

 

コラーゲンの含有される食材には、

 

・豚足
沖縄料理でよく使用しますね。
煮込みやボイルして頂きます。

 

・鶏皮
鶏皮単体で調理するのは焼き鳥位です。
鳥料理の一環として頂きます。

 

・手羽
塩焼きや煮物が多いです。
煮込んだ場合、スープにもコラーゲンが沢山出ているので、余さず頂きたいです。

 

・牛筋
・とんこつラーメン
・すっぽん
・ふかひれ
・なまこ
・ウナギ
・カニ
・エビ
・クラゲ
・ゼリー
・杏仁豆腐

 

こうした食材を多少無理してでも摂取するようお心掛けください。
しかし、コラーゲンの含まれている原料品には高いカロリーなものが多いため、摂り過ぎには注意が必要です。

 

 

妊娠線と正中線は違いますよ。

 

妊娠線と正中線

 

どちらもお腹に出来る線ですが、根本の原因は違います。

 

妊娠線は皮下組織が分裂して出来ます。

 

正中線はメラニン色素の分泌過多により、元々存在していた線が鮮明に現れる現象を言います。

 

正中線に関する情報はこちらへ
正中線って妊娠線とは違うの?

 

詳しくは上述のリンク先で説明していますが、メラニン組織の抑制が正中線防止の鍵となります。

 

また相乗効果として、乳首や陰部の黒ずみも抑えることが出来ますので、メラニン抑制は大事ですよね。

 

妊娠線とは、予防方法も対処方法も違いますので、適切な方法を実施してくださいね。

 

 

 

 

 

お肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。
傷やはれもの・湿しん等の異常がある場合はお使いにならないでください。
お肌に合わない時は、ご使用を中止してください。
 使用中、赤み・はれ・かゆみ・しげき・色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合。
 使用したお肌に直射日光があたって、上記のような異常があらわれた場合。
そのまま化粧品類の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
参考:日本アレルギー協会

 

 

 

最近は妊婦さんの事を第一に考えた妊娠線予防クリームが販売されていますので紹介致します。

 

ベルタマザークリーム

 

妊娠線予防に実績があるシラノール誘導体を配合。
その他、葉酸、美容成分、アミノ酸、ビタミンも豊富に配合しています。

 

91%の妊婦さんが活用している定期便が大変お得です。

 

ベルタマザークリーム